宇宙人とか古代文明とか詳しいけど質問ある?


ANGEL-Akasha
1: 本当にあった怖い名無し 2015/01/16(金) 21:51:31.52 ID:Vd0Z7DfBR
とりあえずなんでも聞いてみてください。

4: 本当にあった怖い名無し 2015/01/17(土) 02:37:22.54 ID:AkgAF008b
あの質問です

ピラミッドできたての時は金ぴかでしたよね?

 

5: 分かりやすいように1です。 2015/01/17(土) 02:45:45.25 ID:mLX475bj6
4さん
質問ありがとうございます!
エジプトのピラミッドは、2つ説がありますね。
日章旗のような色だったと言う説と、金ぴかという説です。
エジプトの場合は、ですが…

 

6: 分かりやすいように1です。 2015/01/17(土) 02:52:29.64 ID:mLX475bj6
ちなみに、僕が一番自信あるのは、アトランティスについてです。
あと、イルミナティの真実。巨石文明の真実。
などなど!

 

7: 本当にあった怖い名無し 2015/01/22(木) 17:28:10.45 ID:niTzudmVE
meidomu10

>>4
エジプトのピラミッドでしたら、石灰岩の化粧板が貼られていたので全体に白でした。
ただ、石灰岩の白は光を表面透過反射するので、白銀に輝いていたと思います。
ただ、朝や夕方など太陽の光の波長が長い時間帯だと黄金色に輝いていたかも知れません。

 

8: 本当にあった怖い名無し 2015/01/22(木) 17:29:04.26 ID:niTzudmVE
>>1
質問と言うか私の仮説を判断して下さい。エジプトのギザの三つのピラミッドについてです。
マヤのピラミッドなどは明らかに宗教儀式の為のピラミッドだと思うのですが、
ギザのピラミッドは宗教儀式の為のモノとは思えません。
また、クフ王・カフラー王・メンカウラー王の墓だとも言われていますが、
実際には王家の谷で遺体(ミイラ)が発見されていますので、墓でもありません。
では何の目的で作られたものなのか?多分、単純にランドマークだったのではないかと。実際エジプトに行って実物を見ると、その迫力に圧倒されます。
カイロ郊外に出ると遠くからでもピラミッドの姿が見られます。
ピラミッドが造られた時代のエジプトの主な収入は農業より交易だったと言われています。
なので、商人達が遠くから来るときピラミッドを目印にしていたのではないかと思います。
また、当たり前ですが、当時は砂漠じゃなかったと考えられています。

次にあの並びですが、よくオリオン座の三ツ星の配列と同じとも言われますが、
これは多分関係ありません。私の仮説はここから始まっています。
私はデザイナーをしてまして、ピラミッドを絵に起こす仕事を受けて、
ピラミッドを画像検索で4000点以上の画像を見てまわりました。

んで、あることに気付きました。「どの写真も見栄えが良すぎる」と思ったんです。
プロが観光用に撮った写真は、見栄えのバランスが良いに決まってますが、
素人の惰性で撮ったような写真でも、それなりにレイアウトバランスが取れているのです。

それを検証する為にForm-Zというレンダリングの出来るCADであらゆる角度から
ピラミッドの並びを検証すると、どれも綺麗なバランスの配置になる。
もちろん私の古代遺跡大好きフィルターを差し引いても、納得できるものだと思います。
エジプトの交易都市としての目印。そして威厳・栄光・繁栄を表す為のランドマーク。
これが私の仮説です。

 

9: 本当にあった怖い名無し 2015/01/22(木) 17:33:25.77 ID:niTzudmVE
で、この仮説からするとピラミッドに関する色んな謎が解決します。
例えば入り口がなかった問題や、通路の大小の謎、通路を塞ぐ石(金属ハンドルの石)、
中から宝飾品や壁画が見つからないなどは簡単。「中に(人が)入る必要がなかったから」
つーか最初から謎でも何でもないんですね。あと、CADデータを作っていた時に気付いたんですが、三つのピラミッドは東西南北から
それぞれ微妙にズレているんですね。このズレに関しては二つの意見があるようで、
東西南北との「ズレが僅かしかない。スゴい!」と言う意見と、
きちんと測量していれば、「ズレるはずがない」という意見。
前レスにあるようにピラミッドの全面に石灰石の化粧板を貼ってあったなら、
私の仮説だと、ピラミッドが重なって見える場所で、光の加減が微妙に変わるように
「わざと微妙にずらしている」となります。

私の仮説はどうでしょう?

 

10: 本当にあった怖い名無し 2015/01/23(金) 11:46:59.65 ID:6lMSrv62n
9さん。
ピラミッドがどの方向から見ても綺麗なのは、ピラミッドに無限のありとあらゆる黄金比が掛けられているからです。ピラミッドは目的は1つだけでなく、色んな理由があったので、ランドマークという意味もあったと思います。

 

11: 本当にあった怖い名無し 2015/01/26(月) 19:09:58.79 ID:ZUKP5Ph97
>>10
ありがとう。>ピラミッドは目的は1つだけでなく、色んな理由があったので
他の理由をお教えいただけますか?

 

12: 本当にあった怖い名無し 2015/01/26(月) 20:39:49.67 ID:NOZT9tw8R
11さん。
次元上層装置、太陽エネルギー蓄積装置、黄金比や光の早さなどの、地球のデータの保存庫、そして、ランドマークとしての理由などですね。また、当時は今よりも遥かに色んな技術が進んでいたので、
もっと予測出来ないことがあると思います。

特に一番凄いのは、赤道からピラミッドの一辺までの距離が、光の早さにぴたりと一致する…など。

 

14: 本当にあった怖い名無し 2015/01/27(火) 15:31:03.46 ID:cOGW1FZpv
>>12
>赤道からピラミッドの一辺までの距離が、光の早さにぴたりと一致する…など。
kwsk

 

16: 本当にあった怖い名無し 2015/01/27(火) 23:52:35.97 ID:3wkWXXOAb
14さん。
寸部違わず、ぴっっっっっったりと一致です。
1mたりとも誤差はありませんm(_ _)m

 

18: 本当にあった怖い名無し 2015/01/29(木) 21:22:30.20 ID:DKf/B++cF
ピラミッドは 水素発生装置
花崗岩を共振させて王妃の間で水素を生成できるとかどうとか実際にピラミッドの下部に水を貯めるところがあって 水圧を変化させて振動させる

 

19: 本当にあった怖い名無し 2015/01/29(木) 21:45:40.75 ID:DKf/B++cF
>>8 オリオンの配置はギザに限ったことじゃなくて
メキシコのテオティワカンも同じ配置なんだよねギザはダクトがオリオンとシリウスに向けられている
偶然といえば偶然だが、
何らかの意図はあると思うよ
http://gyazo.com/c662be1682872b553b182ad13d291e3c

 

20: 本当にあった怖い名無し 2015/01/31(土) 15:35:10.72 ID:IZLMCBBcF
18、19さん。
同意!!

 

22: 本当にあった怖い名無し 2015/02/13(金) 13:44:08.97 ID:i4uFqa4O1
>>18
なるほど。面白いね
でも水を下部に溜めることが出来るのは単純に排水装置と
考えた方がふつう。当時は洪水が毎年起こってたらしいし。ただ、もし水圧を変化させて振動させても水素と酸素には分離しない。
水に圧力を与える理由として一番に考えられるのは水道。
あとはパスカルの原理を用いた、油圧ジャッキみたいなものとか。
まぁピラミッド建造するとき大きな石を水圧ジャッキで持ち上げてたと
するなら、建築方法のヒントがあるかもしれない。

花崗岩を共振させてたとするなら、発生するのは熱・低周波・電磁波・音。
オカルトで考えるなら、何らかの兵器。低周波と音で大衆を洗脳したり、
狂わせたり、遠くの国に地震を起こしたり、火山を噴火させたり、
電磁波で火災を起こしたり。
もしくは振動の向きを逆にして対空レーダーとかね。

現実的に考えるなら、熱を利用して他のエネルギーに変換するか、
単純にお風呂、時刻を告げるサイレン。
発掘されたピラミッド建造の労働者の勤務表を見ると、「二日酔いで欠勤」
とかあって、結構のんびりした時代だったと想像できるから、
あまり殺伐とした使用法じゃなかったと思うよ。

 

23: 本当にあった怖い名無し 2015/02/19(木) 14:51:41.57 ID:XIQgMdLMk
>>22
もちろん排水する意図もあると思うよ。まぁ これも偶然なんだが、
王妃の間の北側のダクトからは亜鉛イオン、
南側のダクトからは塩酸が注がれた形跡がある。
亜鉛と塩酸を混ぜて化学反応を起こしたらどうなるか、水素ができる。
http://gyazo.com/38e295bd6b97c02a7307db8af2dff1de
王妃の間のダクトから混ぜ合わされた亜鉛と塩酸は、
そのまま上の王の間へあがり、これを地下からの振動でマイクロ波やらビームに変換してダクトから宇宙に放出していた
っていうオカルト話もある。

ちなみに放射してたであろう王の間のダクトの大きさは、
210mmx110mm くらいで、これはレーザーの前進の誘導放射、「メーザー」のマイクロ波増幅に適した大きさである って言ってた。

水圧衝撃波発電自体は、今も開発されてる
埼玉の大宮配水塔の中に発電所があるとかないとか。

電球の壁画もあるし 電気的なエネルギーは取り出していたのはほぼ間違いないと思うが、
誰がその膨大なエネルギーを必要としたかはわからない。

まぁ偶然だけどな。

 

26: 本当にあった怖い名無し 2015/02/26(木) 08:50:43.39 ID:OMuBo6q8I
多分ですが、ピラミッドは1つの目的ではなかったと思います。
それこそ、本当に色んな事が出来たかなと。

 

27: 本当にあった怖い名無し 2015/02/26(木) 17:07:49.83 ID:jFfLISJsW
ID:XIQgMdLMk です世界中に点在するオベリスクに、エネルギーの中継塔の役割があったんじゃないかという説もある。
テオティワカン・インド・中国・ボスニア・エジプト
これらの場所に存在するピラミッドは、デザインは違えど共通する事が多いとのこと。

作成した人間(人外かも)は同一なんじゃないかと思う とんでも論だけど、古代宇宙飛行士説信者はそうであってほしいと願ってる

 

28: 本当にあった怖い名無し 2015/02/26(木) 17:14:08.09 ID:jFfLISJsW
スレ主がいるのかわからないからなんとも言えないのだけど
需要があれば淡々と語りたいね

 

29: 本当にあった怖い名無し 2015/02/27(金) 14:56:46.57 ID:TEc83gfn6
28さん。1です。語りましょう!
いつの間にか結構かきこまれている…!

 

30: 本当にあった怖い名無し 2015/02/27(金) 15:02:01.98 ID:TEc83gfn6
1です。僕の結論としては、アトランティスの生き残りが、これからの人類へ、
託した叡智だと思っています。
(アトランティスという名前ではなかったにしろ、滅んだ文明の…
まあでも、アトランティスという名前はほぼ確定っぽいらしいです)

ピラミッドの機能としては、なにか1つだけの役割じゃなく、
過去の文明の叡智を全て詰め込んだものだと僕は結論出しました。

水素を出す為とか、エネルギー発電とか、それらももちろんですが、
地球の黄金比や光の早さなど、ピラミッドから全て割り出せるので、
地球の情報を全ての情報を詰め込んだものだと僕の中では落ち着いています。

古代版のスーパーコンピューターみたいな。

 

31: 本当にあった怖い名無し 2015/02/27(金) 15:04:59.98 ID:TEc83gfn6
1です。あと、ピラミッドは科学的なのはもちろんですが、
それ以上に、意識的な機能が沢山あったと思います。

意識の面を考えないと、ピラミッドはやっぱり解決出来ませんね。

例えば、石1つ1つ、それぞれに大量の念が詰められているとか…
で、意識の図書館の役割としてもあったと思います。

そもそもピラミッドのどこかに水晶も沢山あるっぽいので、
意識、記憶の宝庫でもあったのかなと。

やっぱり、地球上の全てを詰め込んだものだと思います。

 

32: 本当にあった怖い名無し 2015/02/27(金) 15:11:50.11 ID:TEc83gfn6
1です。意識的にかなり目覚めた人が、ピラミッドの石を触れただけで、
これからの人生でやるべき事が冴えるように目に見えたそうです。

この件は、科学者は全く信じてませんが、分かる人にはやっぱりピラミッドの石を触って分かるという…

つまり、意識の面に目を向けないと、永遠とピラミッドの謎は知れないままなのかなと。

 

33: 本当にあった怖い名無し 2015/03/01(日) 19:08:41.64 ID:kxYbL65JU
>それぞれに大量の念が詰められているとか…
この考え方は嫌いじゃない。インドのヴィマーナは動力エネルギーは別にあったとしても、
コントロールは操縦者の「念」だったらしいから。

 

34: 本当にあった怖い名無し 2015/03/04(水) 19:14:13.58 ID:XjP1eGCAG
1です。33さん、まさにそうだと思います。
本気で信じ切れば、そのイメージは現実化されると思います。
いわゆる想念の物質化ですな。

大型のUFOは基本的に意識レベルで動かしていると思います…。
でも、信じない奴がUFOにのったら、飛ばないしバラバラになる感じですね。

なので、本当に精神が神レベルに完成していないと、
UFOには乗れないんだろうな…

ある意味、本当に神の乗り物と言えるかもしれん…。

 

36: 本当にあった怖い名無し 2015/03/05(木) 13:51:16.61 ID:y3IK0YEqB
地球に入植してきた宇宙人の事とか、これから発生する地球の
大変動とか、日本人の本当の役割とか。

http://6928.teacup.com/kongonoyotei/bbs ( 閲覧パス 2034 )

 

37: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/06(金) 15:15:37.15 ID:uPnaVZDKO

 

38: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/06(金) 15:47:45.05 ID:uPnaVZDKO
>>1じゃないけどトリつけた
>>23
インドネシアのスクージーニとマヤのチチェンイッツア
http://gyazo.com/302f77aa144a9f7896295e39a18581a2
カンボジアのヒンズー教寺院とグアテマラのティカル神殿
http://gyazo.com/20643b24f15f65a94c000f6562f90bc8
それぞれ違うのだけど、様式が似てる
けれども全く違う文明で、違う土地にある
偶然似てるかもしれないけど それぞれ同じ人間が作ったんじゃないかと思うインドネシア ボルブドゥール遺跡
http://gyazo.com/6dc5e4caa7d9f8d35b6ffe39be8c81cf
この上空から見た時に曼荼羅構造になってる遺跡は、神々と交流するために作ったとのこと。
最上部にはストゥーパと言われる釣り鐘状の構造物が72体あって、その中には仏像が入ってる
http://gyazo.com/794e43fdcd6d319cc7c54f825bd1a51a
ストゥーパは世界を生む卵や転生の為の子宮と言われていて、
ストゥーパをヒンズー語にするとシカール、これは塔を意味する
エジプトにはシカーラという言葉があって、これは階段ピラミッド、天国の階段を意味する
エジプトとインドが共通した認識を持ってピラミッド構造体を作っていたとしたら、
やはり地球人間界とは別の世界のものと何かをつなぐ装置だったんじゃないかと思う

 

40: 1です。 2015/03/07(土) 10:52:51.06 ID:J3PU+U+Lw
トリップわからんから、名前を1です。にします。

 

42: 1です。 2015/03/07(土) 10:55:34.25 ID:J3PU+U+Lw
>>21
1個である必要がないからだと思います。
図書館とか研究センターが沢山あるみたいに、いくつあってもいいんじゃないかなと。

 

43: 1です。 2015/03/07(土) 11:08:05.44 ID:J3PU+U+Lw
みんな、グレイとかレプティリアンとかいると思いますか?
アメリカが作った嘘情報か、それとも本当にいるのか、ちょっと意見を聞いてみたい。

 

44: 本当にあった怖い名無し 2015/03/07(土) 11:10:24.70 ID:3RdDvxj4u
>>30
>古代版のスーパーコンピューターみたいな。
電気に頼らない分、却ってハイテクかもね>>38
http://gyazo.com/794e43fdcd6d319cc7c54f825bd1a51a
なんか哺乳瓶の上部っぽい

知らなかったんでストゥーパで画像検索してみたら、
サンチーって所のは鳥居を思わせる門があるんだね
http://www.kamit.jp/01_introdctn/sanchi.jpgno title

http://1.bp.blogspot.com/-68AitgD-bmI/TcWIs–LTUI/AAAAAAAAACY/mYorYs31oGg/s640/sanchi-stupa-10.jpgno title

一緒に引っかかったインド・ナグプールのトラナに見覚えのあるデザイン

 

52: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/07(土) 17:25:57.58 ID:J3PU+U+Lw
>>51
あれは、レムリア文明の遺跡以外の何者でもないと思います。
大体1~2万年前、古代の高めの文明が残っていた時代なので、
まぁ間違いなく、超古代文明の産物かと。

 

53: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/07(土) 22:08:26.11 ID:bSacWAXAg
>>43
そもそも、現実に皮膚に鱗ができてしまう病気もあるから
http://livedoor.blogimg.jp/adminis/imgs/f/a/fa49032c.jpgno title普通に存在する(した)んじゃないかと俺は考えてる。
海外ドラマのスーパーナチュラルとかのシェイプシフターの件は結構リアリティありそうで好き
天使サイドと悪魔サイドの話しも天使も悪魔も同じくらいクズで、人間はただただ、翻弄されるだけの小さな存在みたいなところも
メッセージ性があっておもしろい。オカルトだけど。

Youtubeでも雅子様の指が伸びたとかブッシュの目がトカゲ化してるとか、、、、。
でも 地デジ解像度になってからそういった動画が出回らないのが残念
あの手の映像は捏造なんだろうなと思う。
陰謀論とかを置いておいて、古代から伝わる各地の伝説をみると いてもおかしくないと思う。
80年くらい前に、ロサンゼルス・タイムズ紙にトカゲ人を追うという記事が掲載されて
ウォーレンシューフェルトという人物が発掘作業を行った。
http://gyazo.com/6d614567413bef8050393b6089ae6042
シューフェルトはホピ族のシャーマンから、アメリカの太平洋の沿岸の3箇所に地底に住むトカゲ人がいたと教えられ、
その伝説では、5千年前に地球へ彗星が落下してくるときに、地下を掘ってトンネル網を作ったと聞いた。
そしてその一つが、ロサンゼルスだった。

その伝説によると、1000世帯が暮らせるくらいの部屋を掘っていたと伝わってる。
彼らは岩盤を掘りやすくする不思議な薬品を使っていたとも言われてる。
インド ヴァーラーナスィー セシュナの井戸には、
パーターラと言われる地底界への入り口と言われている場所があって、パワーと謎に満ちていて危険な場所だと言われている
パーターラにはナーガが住んでいて、ナーガというは蛇族で、人間界に教訓や恩恵を与える存在と言われており、天から降りて来た蛇神と言われてる。
この伝説が、地球の反対側にあったホピの伝説と共通する部分が多い。
マヤのククルカンもこんな感じの神様だよね。

 

54: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/07(土) 22:12:22.99 ID:bSacWAXAg
あとはシュメールのトカゲの神様とかかな。
http://gyazo.com/287833a2c0632655b4235a28a0afeeb5
母乳あげてるのもあって、神様じゃなくてトカゲ人間じゃね?とか思うw
http://gyazo.com/f7424531fcebb01ff14138ecafc51f2b
法隆寺のトカゲは馬頭らしいのであれはシュメール関係ないって言ってる人はいた。

 

56: 本当にあった怖い名無し 2015/03/08(日) 18:57:07.88 ID:EZ7IVgJRd
>>53
ヤマタノオロチとか蛇神様とかも関連ある?
洞窟といえば、ヒトラーも「虹の都」探し求めて堀りまくってたよね
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha700.htmlナチスがチベットからかっぱらった仏像が1万5千年前の隕石製だって
http://quasimoto.exblog.jp/18967797/

 

60: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/09(月) 16:58:21.66 ID:E16Qm2nx6
>>57
マジキチだと思うけど、ほんの十数年前まで、火星には水なんてありませんと言われていたし、
言っていたNASAの方も
去年居るってって言っちゃいましたし。。
http://news.livedoor.com/article/detail/9052884/例えば電気もない時代にどうやって巨石建造物作ったのか
パールベック神殿の大きい岩で2000トンくらいあるし
21世紀、現代のNASAがロケットを運搬するときに使う世界最大級のクレーンでも700トン

何百万人も集まって ロープ引っ張って積んだんだろうけど
そっちのほうが無理があると思う。

でも 実際にそこには超オーバーテクノロジーで作られた建造物が存在するわけで、
そのテクノロジーはもっと高度な世界のものだったんじゃないかと思うほうが
俺は自然だと思うから信じてる。

でも、実際に行ってこの目で見たわけでもないから、それを妄信的に信じるのも間違いだとは思ってる。
捏造もあるだろうしね イギリスのストーンサークルとか

 

62: 本当にあった怖い名無し 2015/03/09(月) 21:52:29.57 ID:gnN9uVKCt
>>60
バールベックの巨石の検証も始めたいな。
ただ、古代には巨人がいたのではないか?って話が一番有効かと。力だけでなく。
脳もデカいから知能も高い。そして神と崇められてたのかも。
聖書の一節にも「神は人間を神に似せて作った。」ってのがあるし、
世界各地で巨人の骨の化石が見つかってるし。
ただね、一番の問題が巨人の骨が見つかる個数がかなり少ないってこと。
地球上に文明を築いた巨人がいたなら文明の規模だけ巨人がいなきゃいけない。
>>43
ただ、巨人が宇宙からやってきた、宇宙人だとするなら、突然高度な文明を持ち込むことが
できるのさ。巨人の人数も少なくて済む。人間のフォルムも猿から進化したって話より
合点がいく。>>58
だけど、実はあいつら都合が悪くなると、総連で『韓国⇔北朝鮮』と平気で国籍を変えやがるから。
最初に「もう日本国籍は取れません。」って一旦区切ってから総連を本気で潰さないと駄目。

 

63: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/09(月) 22:32:52.76 ID:E16Qm2nx6
>>60
ネフェリムでしたっけ?
聖書にもかなり出てくるんだよなぁ。ロシアのゴルナヤ・ショリア
http://youtu.be/kngM_Pz20bw?t=8s

 

64: 本当にあった怖い名無し 2015/03/09(月) 23:44:57.49 ID:thswp4osi
巨人だけの超古代文明があった訳じゃないよ
高身長の宇宙人が地球人を指導していて、
大柄の宇宙人が用心棒として少数居た

 

65: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/12(木) 17:43:18.50 ID:LpL7no7KL
Trinity-College-Library-Dublin-1024x675

やばい、ずっと練習していたアカシックレコードへのアクセスに成功したかも…興味ある人、いますか?
いなければ、これはスルーでww

 

66: 本当にあった怖い名無し 2015/03/12(木) 20:08:47.06 ID:IvMwoqyZg
>>65
興味あります。
アカシックレコードというのはどれだけの範囲の記録が分かるものですか?
例えば時間に関して
人類有史以前の事も分かるものですか?また、未来はどの位先まで分かるのですか?
範囲に関して、原子以下の小さなもの(モル)も存在するのですか?宇宙の先も分かるのですか?
次元に関して、この次元と隣り合わせた次元くらいは見えるのですか?
それとも、そもそも「異次元」なんてモノは存在し得るのですか?

 

67: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/12(木) 20:24:05.14 ID:mUvpkR6Mt
生物のDNA的な要素を考えれば、アカシックレコード自体は存在するのかなーと思うけど、
もしそんな世界にアクセスすることが成功したとして、そんな全知全能状態の人間がこんなところに
「成功したかも」なんて書くものなのかね。週2くらいで、ただの夢なら自分もみるけどなぁ。
否定的で申し訳ない

 

69: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/13(金) 14:02:32.72 ID:t98N77y+G
霊界と言われるとなかなか敷居が高くなるよね
宇宙人=宇宙人でいいと思うんだけど。Youtubeだと、はやし浩司先生の古代文明考察はすごい面白いよね。
「全世界の考古学者に私は否定されてる!」みたいな悲劇のヒロインっぷりとか、
ナスカのレイラインを、自分が世界で一番早く見つけたって言っちゃうところも可愛いけど、
すごい深い考察をしてる

たまに、古代3Dプリンタ説とかやっちゃうけどロマンがあるw

 

70: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/13(金) 15:19:40.19 ID:+PUZeBSGR
よし、要望あったのでアカシックレコードに付いて書きます。
ありがとう。ちなみに最初に言っておくと、アカシックレコードは神に近づいた人間しか見れないという者ではなく、見ることができると気づけた人は誰でも簡単に見れます。

そして、昔の人はこれがポンポン出来ていたとも思います。

なので、なにも超仙人にならないと見れないという事はないので、
もっと気軽に考えていいとは思います…

 

71: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/13(金) 15:26:34.88 ID:+PUZeBSGR
66>>
全てみれます。ただし、そのときその人がまだ知るときでは無い時は、
教えてくれません。
(今より後に知った方が喜びが大きい時は、教えてくれない。
常に一番良い形で教えてくれるという事)なので、今知る時でない事意外は、望んだものは、全て知れますよ。

僕は2、3質問しましたが、間髪いれずに0秒で答えが返ってきました。
本当に、その瞬時にですね。

僕の場合は明確に現代語ではないですけど、古文に出てくる言葉みたいな感じでしたね。

多分その人によって感じ方はちがうかな…

 

73: 本当にあった怖い名無し 2015/03/13(金) 15:54:26.61 ID:roriqRYPP
>>69
はやし先生もアレだけ続けられるのはスゴいよね
銅鏡の話は震えました
はやし先生もユニタイムズのおっちゃんも熱意と
継続力がスゴい!ああいう人がいずれ真理にたどり
つくんだろうなーとオモウ

 

74: 66 2015/03/13(金) 20:10:27.60 ID:ff4Y9yL+Z
>>71
非常に興味深いです。
自分に多少の変な能力があり、それが自分勝手な妄想や偶然なのではないか?とか結構悩んだりするのですが、
まぁ、「勘が良い」程度の能力です。なので、イタコもアカシックレコードを読める人も信じています。それでは、UFOに関して少々質問します。
UFOの動力と空を飛ぶ為の原理が知りたいのですが、そういうのは分かるものですか?

 

75: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/13(金) 23:24:08.48 ID:+PUZeBSGR
>>74
2つあります。1つは科学力で飛ぶ方法。でもこれにはある程度の距離しか飛べない限界があるかなと。
もう1つは、思いを力にする方法ですね。想念を現実化させる方法。ちなみに、科学力で飛ぶ方法はそこまで詳しくないですが、
これに関しては、ググるといっぱい情報出てくると思います。
もうだいぶ情報が出ています。

 

76: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/14(土) 21:27:11.38 ID:aE3HFGZxb
>>74 反重力もしくは空間転移じゃないかと思う
ハチソン効果とか有名だね テスラの理論を応用したっていう記事を見たことがある。
https://youtu.be/9BR8Ac7hxbg?t=30s
ジョンハチソンの研究室は、
78年、89年、00年に政府と警察に強制捜査されたらしい。
その際に機材は全て押収。

オカルトだけど、実際にそれが実現可能なら、巨石建造物も全てクリアできるよね。

 

78: 本当にあった怖い名無し 2015/03/19(木) 19:43:03.11 ID:XHsZN/n9r
>>75
ごめんなさい。まさかggrksと答えられると思ってませんでした。
私はアカシックレコード的な解答が知りたかったんですが・・・
過去に人類はヴィマーナのような乗り物で空を飛んでいた筈なんですが、
その動力が知りたかったんです。
私の想像では何かの物質の結晶体に電気を流したり、ラピュタの飛行石みたいなもので飛んだり、
未知のエネルギー源で飛んでいたと思っていたんですが・・・>>76
ジョンハチソン氏は装置に改良を加える事で、段々物質のコントロール精度と強度が上がってきてるので、
もうある程度の理解をしていると思われます。惜しむらくは誰もがオカルトとして相手にしなくて
スポンサーが見つからない事だと思います。
反重力(重力制御)も反物質も数学の世界では証明されているけど、物理の世界では実証できないんですよね。

>>77
まぁ、眉唾なんですが、あの映像を否定する証拠も無いんですよ。
箱ごと逆さにしてモノを浮かせるって事にしても、あの挙動はあり得ないんですよ。
例えばコップの中の水だけが上に浮いて行くのは、ピアノ線では無理だし、
箱にカメラを固定して、ひっくり返しても、箱を回転させる挙動ってのがある訳で、
いきなり水がすっ飛んで行くことはあり得ない。

 

79: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/20(金) 00:00:17.42 ID:jTmdDHles
>>78
まず、ググれカスなんていってない。
そして、毎回気軽にアカシックレコードにアクセス出来る訳じゃないから、
ufoについてポンポン質問出来るレベルでは僕は無い。僕のやり方は、幽体離脱をして、その上でアクセスするので、
結構大変なんです。

アカシックレコード的な答えという意味では、
僕の人生の一番悩んでる事を聞くのでもう精一杯なんです。

 

80: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/20(金) 00:07:17.08 ID:jTmdDHles
なので、アカシックレコードについては僕の人生の悩み事しか
聞いてないので、まだ古代文明の謎のことを聞く余裕は無いです。申し訳ないm(_ _)m

ちなみに、僕がネットや本で調べた内容によると、
おっしゃる通り、電気のエネルギーが主流だったと思います。
なんというか、電気を今の時代とは逆の方向に使うイメージですかね。

あと、どうやら頭にヘルメットのようなものを付けて、
意思の力を電気やエネルギーにかえる装置も確実にあったよう。
エジプトの壁画などに、変なヘルメットを被った人間などが描かれているように。
それを水晶に反映させたりして、飛行のエネルギーに応用していたと思います。

まぁ、飛び方なんて無限にあったんだろうなぁ…いいなあ…w

 

81: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/20(金) 00:10:11.71 ID:jTmdDHles
という事で、アカシックレコードにアクセスする方法はいくらでも教えますが、
アカシックレコードで僕が聞いた事は、今の所大変個人的な悩みだけなので、
古代文明の真相などを知りたい方は、まだ何も教えれません。
本当にすいませんm(_ _)m

 

82: 本当にあった怖い名無し 2015/03/20(金) 19:15:04.97 ID:/U7XjJgbP
>>61
>もしくは海水面の急激な上昇とか。
このネタちょっと楽しみにしてる
1氏も何か知ってること書いてほしい
読みたい

 

83: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/20(金) 21:22:22.95 ID:SGDyZluz5
>>82 俺も聞いてみたい
なんか北極やら南極の氷が溶けたところで、
水面が上昇する事は無いとかっていうのを見たw そもそも温暖化で氷が溶けてるというのも嘘とかなんとか
じゃあ 海水面の上昇はなんで起こってるのか(はたまた、そんな事起こってないのか)
地場とか重力が局地的に変化してて地球規模で引っ張られてるとかなのかね

 

85: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/23(月) 19:18:42.00 ID:bxEFKH7L1
洪水の件については、特に一番調べています。僕が思うにですが、
・大地震
・火山噴火
が重なって起こったと思っています。

そしてそれに釣られてプチポールシフトのような事とか、
本当に色んな事が引っ張られて発生したのかなと。

理由は、古代の科学的な兵器の重複使用で、地球のバランスが崩壊した
のが一番当たってるかなと感じています。

どの書籍にも共通して書かれているのが、
水晶エネルギーの副作用ということですね…

基本的に洪水というより、泥の海らしいですね。
ほとんどが泥に、沈んだというよりは固められた感じかなと。

それも、数百メートルレベルの高さに泥が埋まったor削られたという感じで、
多分、13000年以前の遺跡や建物はほとんど残ってないと思います。
残ってるのはやっぱり後から緊急で作られた感じ。

ちなみに、書籍などによれば、地震の響く音自体でバンバン人は死んでいったそう…

ちなみにその大災害は、ハローウィンが名残りらしいです。
ハローウィンの日が、その日の前日か後のどちらかだったはず。
死者の日で、みんなが幽霊の格好をするのはそういうのが由来だとか。

 

86: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/23(月) 19:22:31.37 ID:bxEFKH7L1
ちなみに、大災害ごとに、分離と統一の時代が交互に来ていて、
大災害以前が統一、今の時代が分離。統一は簡単にいえば、想念を物質化したり、物より意識におもむきを置いた、
簡単にいうと魔術方面というイメージですかね。

国も今みたいにバラバラじゃなくて、大きな地球全体で1つの文明という感じ。

で、今はほとんど逆で、国とかあらゆる事が分離した時代。

 

87: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/23(月) 19:26:03.30 ID:bxEFKH7L1
ちなみになぜ当時の歴史書なんかが残ってないかと言うと、
基本的に全部洪水で流されたというのもあるけど、
ほとんどは、テレパシーで成り立っていた時代で、
誰かに何かを伝えるには、とくに何かを記述する必要がなかったっぽいです。文字という発想が、まず考えられなかったらしく、
崩壊後になんとか生み出したらしいですね。。。

なので文字通り、今の文明とは全く逆のような、想像もつかない世界だったのかなと。

 

88: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/23(月) 19:27:07.67 ID:bxEFKH7L1
ちなみに、13000年前に超ビックな崩壊があって、
紀元前4000年くらいに、まあまあビックな洪水という感じですね。他にもいっぱい言いたい事あるけど、書ききれんw

 

89: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/23(月) 19:29:58.24 ID:bxEFKH7L1
そうそう、そして、今 分離→統一に移行しているらしく、
だからこそ目覚めた人が多くなってるというか、精神面を重視した生き方をするべきという感じです。
(だからといって大災害が起こるかは分からない)

という事で、僕はこれまでの生活を逆転させています。

 

91: ◆c/oIhQlltw 2015/03/25(水) 14:40:25.34 ID:kxa8DW3bQ
>>80-81
それは残念です。
現在の常識的な範疇の知識では空を飛ぶ方法なんて存在しないので、
ネットや本でいくら調べても意味が無いので、アカシックレコードな解答を知りたかったのです。>>82-83
海水面の上昇に付いて、現在の地球の水の3割から5割は太陽より古いものだそうです。
要するに宇宙から水がやってきたってことですね。
http://www.astroarts.com/news/2014/09/30water/index-j.shtml

66や61,62です。結構前からこのスレにいるので、トリ付けました。

 

92: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/25(水) 14:59:28.49 ID:AFV3cHJxs
>>91悪いな。そういう事をアカシックレコードで見れたら教える。

 

93: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/25(水) 15:00:10.11 ID:AFV3cHJxs
>>91というか一番いいのは自分で見る事だ。誰でも出来る。

 

94: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/25(水) 15:10:44.56 ID:w+VVOHBoE
>>86
まってwww洪水神話はまた別でしょ!しかも洪水神話なんて聖書やらヴェーダやらホピの予言やらマヤの文献にご丁寧に書いてるじゃん
ほとんど共通してるんだからあの通りなんだと思うよ
水晶エネルギー アトランティスのパワーうんぬんはわからないけど、
インドの叙事詩に出てくるような古代の兵器は人間じゃなくて神々のツールだから、
人間が使用していたモノではないと思うけどね。
>>87
>>ほとんどは、テレパシーで成り立っていた時代で
テレパシー的な事で意識の交歓が主なら、進化の過程でなぜ声帯やら目やら耳やらが、人体に作られたのか説明できなくないかな?
テレパシーで繋がれるなら、必要ないと思うし、そして退化すると思うんだよなー

せっかく面白い話なんだから、後付けで「両方使ってたけどね」ってならないようにもっと詰めてほしいなぁ。

 

95: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/25(水) 18:34:32.76 ID:AFV3cHJxs
>>94>>テレパシー的な事で意識の交歓が主なら、進化の過程でなぜ声帯やら目やら耳やらが、人体に作られたのか説明できなくないかな?

声の使用用途は会話だけじゃないという事ですな。
声は空想を現実に変える力があって、それを昔の人はよく知っていた。ってことをここでいってもどこまで理解されるか分からなく不安なんで、どこまで言って良いか迷う感じである。

目やら耳も、見た物の感動を実感するためなど無限に精神的な意味があるわけで、全部が単純に生きるためだけに付いてる訳じゃないと思います。
もっと精神的に充実出来る為の目的もあると思いますよ。

肉体は単純に生きる為だけの物じゃないと感じる。
想い出とか、匂いとかは、テレパシーだけじゃなくて実際に五感を使って味わった方が絶対にいい。

なので、そういった感動を一番に感じる為にも、肉体があるように感じる。

 

96: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/25(水) 18:37:20.20 ID:AFV3cHJxs
>>90
ばあちゃんの予言ぽい>逆転>来年以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
ttp://shimasoku.com/kakolog/read/occult/1361266738/5-14

なるほど…これは初めて見たな

 

97: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/25(水) 18:51:18.41 ID:AFV3cHJxs
ちなみに声を現実に変えるってことだけど、
空想を現実にかえるには、行動しかないけど、
もう1つ、声でも現実世界に影響を出せるから、
声も現実化に繋がるエネルギーになる。という理屈だと思うw想念を物質化も、やっぱり声は使っていたっぽい。

想念だけだとエーテル体に保存されているだけで、声にする事で現実世界に浸透していくみたいな感じかな。

具体的にはピラミッドに声を発して物質化or現実化していたらしい。

今の時代は厳しいらしいけど。(エーテル体的な物の仕組みががらっと昔と変わってる)

 

99: ◆c/oIhQlltw 2015/03/26(木) 15:50:12.26 ID:0utsI7/j1
>>87
テレパシーってのはいささかどうかと思うけど、
文字はあった筈だよ。ヒエログリフやロンゴロンゴの一部も残ってるし。
ハラッパー遺跡にも様々な文字は残ってる。ただ、短絡的な文字のみが残ってて、
文章が残っていないから解析できないだけ。例えば現代のような情報化が進んだ時代でも、滅んでしまうと実は文字は残らない。
紙はもちろん。ネットに溢れるデータ化された文字は残る訳が無い。
媒体となるPCなんて3~5年が寿命。いってせいぜい10年が限度。スマホだって2年ともたない。
今はネットがあるからもう少しもつと思うけど、100年はもたないよ。

今の文明が滅んで1000年後、お墓と記念碑とビルに刻まれた「定礎」をくらいしか残らないだろう。
いづれ「定礎」を研究する学者がいるかもしれないwww

 

100: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/26(木) 17:21:22.79 ID:HMitD8P0I
>>99
この通りだと思う。
定礎のコンクリがのこるのかなぁ
数万年規模なら、ローマンコンクリレベルじゃないと残らないのかな>>1が推す水晶なんかは実際に記憶装置として情報を保存できる事が科学的に証明されているから、
そういうものに情報を焼き付けている可能性はすごいあると思う。

現代なら衛生に何らかの記憶メディアを保存して ずっと周回させとくのが一番いいのかね。

 

103: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/27(金) 00:24:56.91 ID:7F99zSlQJ
>>99
>>例えば現代のような情報化が進んだ時代でも、滅んでしまうと実は文字は残らない。
紙はもちろん。ネットに溢れるデータ化された文字は残る訳が無い。
媒体となるPCなんて3~5年が寿命。いってせいぜい10年が限度。スマホだって2年ともたない。
今はネットがあるからもう少しもつと思うけど、100年はもたないよ。もちろんそりゃそうだ。だからやっぱり、最終的に巨石系の作りに落ち着くでしょうな。

唯一1万年以上残ってるのはピラミッドとかの巨石がほとんどになるし…
まぁ、それを知っててあえて巨石で作ったんだろうな…

そしてそれを今の人も気づいて、巨石のモニュメントはかなり作られてるよ。

俺が思ってた昔ってのは、ハラッパー遺跡とかの遺跡よりさらにもっと前だ。
あと、「証拠は残せないだけで、実は文字があった。」とも限らないとは思うぜ。

でも確かに、文字が全くないのは違うかもな…
というか、文字というより絵文字に近い気がする。
絵の方が無限に情報も詰め込めるし、絵は沢山残ってるし。

文字は結構含めれる情報量がかなり少ないと思う。

やっぱり一番情報が入るといわれてるのが水晶だから、
水晶に古代のことを色々と記録している気がする。

一粒でコンピューター数台分以上の情報量はゆうに詰め込める事は、
証明されていたりする…

 

104: ◆c/oIhQlltw 2015/03/28(土) 15:45:23.25 ID:Ib/mX1yHo
>>100
>定礎のコンクリがのこるのかなぁ
「定礎」の部分だけは御影石や大理石使ってる。磨いた御影石・大理石は堆積しても、
層が出来るので多分残る。いや、だからどうってこたないんだが・・・>>103
なるほど、世界で一番古い遺跡と言われるハラッパー遺跡より古い時代ね。
実は海に沈んでいる遺跡もかなりあって、その(年代測定など)調査は行われていないから、
大陸が今の形になる以前にあった文明ならあり得るかも知れない。

 

105: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/28(土) 15:52:04.13 ID:gO/tNTjBH
>>103
>>一粒でコンピューター数台分以上の情報量はゆうに詰め込める事は、
証明されていたりする…語弊ありすぎるでしょう。
石英のストレージ化のメリットは容量じゃなくて、恒久的に情報を保存できるという性質とか振動子なわけで、
書き込む方法は CDやHDDと根本はほとんど変わらない物理的に書き込むんだからさ。
もちろんこの先書き込む精度は上がり続けるだろうけど、
2015年現時点では、石英一粒に対して現代の数テラバイトの情報なんて書き込めないと思うよ。
それとも13個のクリスタル・スカルの事を言っているなら ロマンはあるけど証明はされていないはずだよ。

念動力みたいなスピリチュアルなパワーで保存するって言いたいんだろうけど、
それこそ レムリアクォーツ的なオカルト水晶も、表面のバーコードみたいな物理的な筋のようなものを読み込むんじゃなかったっけ

 

106: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/28(土) 16:13:34.56 ID:gO/tNTjBH
>>104
蓄積しても残る性質っていいね ピラミッドの化粧石もそういう目的があるんだろうかプマプンクが15000年くらい古いんじゃないかって言ってる学者がいるらしいけど
石って炭素年代測定できないのかなー
http://gyazo.com/13841b93409c1ab00e3eb456f27defce
http://gyazo.com/f03fa6a769c2f94f2236f09972266e32

プマプンク回は結構面白かったw

 

108: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/30(月) 06:05:32.50 ID:e4lrV+E7z
>>105
>>2015年現時点では、石英一粒に対して現代の数テラバイトの情報なんて書き込めないと思うよ。
それとも13個のクリスタル・スカルの事を言っているなら ロマンはあるけど証明はされていないはずだよ。念動力みたいなスピリチュアルなパワーで保存するって言いたいんだろうけど、
それこそ レムリアクォーツ的なオカルト水晶も、表面のバーコードみたいな物理的な筋のようなものを読み込むんじゃなかったっけ

だからさぁ…現代の常識で考えない方がいいって…。
証明されてないって、現代の科学ででしょ?

「2015年現時点」で、でしょ?
俺たちが相手にしてるのは超古代文明だぜ?
今の俺たちの科学力で考えるべきじゃないって。

「オカルト」って、今の時代で見たらオカルトだけど、
当時は当たり前の現象だったかもしれないじゃん。
オカルトって名前がついてても、想像出来てるなら、全然あり得たと思うよ。

こんな事いうと実証しようがないっていわれそうだけど、現に今の技術で考えられないオーパーツがあるから、絶対今の技術の考えの上の発想、それこそオカルトの領域に入らないと解決は絶対しないと思うな。

そんな現代の科学をベースに考えてたら当時の技術に追いつくまで待たなきゃ何無いから、あと1000年くらいはかかっちゃうよ。

だから俺は、今の科学の技術で証明されてる事より、
アカシックレコードにアクセスした人たちとかの言葉の方を圧倒的に信じてるよ。
ま、これもオカルトって思うならそれはそれで仕方ないけど。

というか、すでに水晶の事なんてとっくに解明されてるんだろうけど、ま~そう簡単に上の連中はばらさないよね。。。

この発言で、俺のこと嫌いになったかもだけどね!w
何を言いたいかと言うと、もっと発想豊かで全然いいと思う。
今の科学力をベースにしたら絶対永遠に分からない。

 

109: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/30(月) 06:21:49.28 ID:e4lrV+E7z
>>115
>>念動力みたいなスピリチュアルなパワーで保存するって言いたいんだろうけど、
それこそ レムリアクォーツ的なオカルト水晶も、表面のバーコードみたいな物理的な筋のようなものを読み込むんじゃなかったっけたぶんだけど、情報を念動力で記録させるというより、その念動力自体というか、意思みたいなのを記録出来るってことだと思う。

バーコードみたいなものを読み込むってのもたぶん、そこからいれられた意思を読み取る、というか感じ取るって感じかな。だからバーコードでピッという感じではないと思う。

パソコンとかと大きく違うのは、意思とか感情とかそういう心を入れれる所にあると思う。どうも水晶はそういった心を入れる事が出来るっぽい。

というのも、俺もレムリア水晶をいくつか持ってるけど、瞑想やらアカシックレコードへのアクセス時に、水晶がことごとく色んな奇怪な現象を起こすからですw

ちなみにレムリア水晶が特別って事ではなくて、他の水晶でもなるね。

これも証明されてないっていわれればそれまでだけどね。
でもこうした実体験を通して、明らかにそういう科学で計れないような事が多々起こるから、俺は信じざるを得ない。

古代文明の解明には、こうした意識面がやっぱり必要と感じる今日この頃。
信じるか信じないかはあなた次第w

 

110: 1です ◆4.KxX6FtKw 2015/03/30(月) 06:36:47.29 ID:e4lrV+E7z
最初は僕が色々質問に答える感じにするイメージだったけど、こういうのはやっぱり意見のぶつけ合いになるね。考え方というか価値観はやっぱり人それぞれで、そう簡単に変わらないと強く感じました。

ぶっちゃけここに書くのに気が進まないんで、あまり僕は書き込みません。あとは自由に交流しちゃってください。
ただ、一応みてるのでもしかしたらいつか、書き込むかもしれませんがw

ということで、ご自由にどうぞ!m(_ _)m
何か聞きたい人がいたら、呼んだらその時は書きますので。

では。

 

111: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/30(月) 14:19:18.15 ID:G5GoFRZK6
あのね
現代の科学で証明されてない事を、「証明されていたりする」と吹聴しちゃうから
胡散臭さ全開になって1君の論理が破綻しちゃうんでしょう?私は現代の科学で説明がつくなんて言ってないよ?
宇宙人も居るだろうし、世界中にある巨石群も宇宙人が魔法の杖で積み上げてったんだろーなーってくらい
オカルト全開で考えているよwオカルト好きだからね そうじゃないと説明が付かない事もあるし。

そんなぶっ飛んだ話をしている時に、1君が逆に
>>一粒でコンピューター数台分以上の情報量はゆうに詰め込める事は、
>>証明されていたりする…
って言っちゃったから、おいおい大丈夫かなーって思うわけ。

ソース出しなよ言われたら出せるのかな?出せないなら証明できているという言葉は安易に使わないほうがいいよ。
1君の主張は私も肯定するし、スピリチュアルなパワーはもっと本質的に違う力に変換できるんだろうって
思うし。そもそも 「魂」や「意識」っていうを考えると精神的な人の可能性は本当に未知だと思う。
アカシャにアクセスすることも 人によって可能なんだろうと信じてるしね。
かと言って、その感性は人によるわけで、マイナスな面も受け入れて考察したほうがいいと思うよ。
私の場合「古代宇宙飛行士説」という説を支持していて信じているけど、それを提唱した学者を科学的にかつ、痛烈に批判してる学者も
たくさんいるよ たとえばハイザーという学者の批判
http://www.sitchiniswrong.com/index.html
ゼカリア・シッチンがシュメールのテキストを翻訳したのだけど、
アナンヌキやネフィリムの記述なんてどこにも書かれてないよ!っていう学者の批判論だね

あーやべー マジで書いてねぇwwってくらい完璧だと思うんだけど
だからといって全て虚構ってわけでもないと思うから支持してる。
ただ、やっぱり慎重に考察するべきなのは確かだと思う。
巨石巨石言っても、
https://www.metabunk.org/threads/debunked-stonehenge-fake-restored-with-concrete-in-the-1950s.4443/
捏造されてる遺跡や伝説なんてゴロゴロあると思うからね。
1君のスレだし私も自重するよ 古代の宇宙人系の話がしたい方はどっかにスレ立ててくれたら参戦しますwでは

 

112: 古代の宇宙人 ◆48tde4UlJ6 2015/03/30(月) 14:47:56.40 ID:G5GoFRZK6
>>1
最後に、気分を害してしまって申し訳なかった。
今後の1君の中の宇宙が、より一層広がってく事を祈ってます^^

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。